2011年10月14日

見捨てること、見捨てられること、そして忘れられてしまうこと

 社会がゆっくりと音も立てずに崩れていく
 人知れず南極の氷がとけていくように
 福島にいると、それが手に取るようにわかる。

 当初は、「巨象」と戦うようなつもりで始めたブログであるが、すっかり意気消沈して先が続かなくなっている。

 書く材料も、書きたいことも山ほどあるのだが、書くことを躊躇させる材料が多すぎる。人目を気にするタイプではない方だと思うが、福島の現実は厳しすぎて、つい読み手の気持ちを忖度し、考え込んでしまう。

 職場から帰って、明かりを落とした部屋で、食卓の白熱灯の下、ひとりで不健康な夜食を口にしながら「いま、妻や子どもはどうしているかな…」「どうしてこんなことになってしまったのか…」などと由のないことを考えている人を想像してみる。

 家のローンもあるし、いま以上に条件のましな職にはありつけそうにない。ならば家族を養っていくにはここで頑張るしかない。妻子とて、福島が嫌で出て行ったんじゃない。彼らもまた辛いだろう。それにしても、こんな生活がいつまで続くのだろう…。

 そんな、侘びしい同世代の男たちを想像すると、言葉を失ってしまう。

 私たち「はだしのゲン」世代は、放射能の恐ろしさを身体化している。おそらく福島の現状を楽観している人も多くはないだろう。しかし、だからといってどうしろと言うのか。明日も定時に会社は始まるし、この現実をどうしようもない。もちろん、個別には心配してくれる人もいるし、手弁当で除染に駆けつけてくれる仲間もいる。しかし、全体としては福島は見捨てられている。見殺しにされているといってもよい。

 7月19日の「避難の権利」の確立を求める対政府交渉の場で「避難されるのは自己の判断に基づき、していただいて結構だと思います」という言葉を、その場で聞いた。一生忘れることのできない言葉だ。
http://www.youtube.com/watch?v=cq1APhZSJAI

 この衝撃は大きかった。日本政府は「避難するならご自由に」という発言をするような人物(佐藤暁氏)を原子力災害現地対策本部の室長として送り込んでくるのか、と。このときに私の中で何かが変わってしまった。

 朝日新聞とテレビ朝日系放送局が電話で行った被災3県世論調査によれば、福島県では回答者のうち34%が移住したいと答えている(朝日新聞9月10日付朝刊)。その比率は、中学生以下の子どもがいる家庭では51%になる。
http://www.asahi.com/national/update/0909/TKY201109090610.html

 朝日新聞デジタルには元になるデータが載っている。そこでは、「移住したいと思わない」と答えた人に、その理由を聞いているが、「放射能の危険をそれほど感じていないから」という回答は18%で、「仕事を見つけるのか難しいから」が12%、「住み慣れた地域を離れたくないから」が59%であった。避難の際の基準となる「年間20ミリシーベルト」には過半数が「厳しくするべきだ」と答えている。

 助けを求める悲痛な叫びが聞こえてくるようだ。

 福島第一原発の話題になると、いつも疫学の統計や物理学の話になる。そこには「人間」が出てこない。それが不満だ。嘆き、絶望している人々の姿が見えない。いつもと同じ日常を送るしかない人々が、いったいどんな思いで日々暮らしているかも見えない。

 もちろん「放射能のことなど気にしていない」という人もいる。しかし、だったらヒステリックにそう答える必要はないだろう。行間にはストレス過多が溢れ、殺伐とした空気が流れる。

 私とて、福島が見殺しにされている現実を受け入れるには時間がかかった。行政に期待をもった時期もあった。しかし、現状において、どうやらそれは無駄であるらしい。行政の対応を待っていても被曝が進行するだけだ。現地にいて、自分の目でものを見て、自分の頭で考えれば、現状を楽観する材料はほとんど見つからない。そして、少なからぬ人々が避難を望んでいる現実がある。現実に即して、住民本位で考えることができないなら、「地域主権」などという言葉を易々と語って欲しくない。

 「失うものが多い」つまり、既得権をもっている人ほど、福島の危機を隠蔽する傾向にある。現状を変えることに伴うデメリットが多いからだ。こういう人は概して「科学的」粉飾や屁理屈が得意だから手に負えない。政府は(地方政府まで含めて)目先の出費を節約した気になっているのであろうが、もっと大きな、大切な何かを失っていることに気づいた方がよい。



 後期の授業が始まった。学内の除染もほとんど進んでいないというのに。大学で地方行政を学生に語りながら、私自身は地方行政に対する不信を深めている。苦しい。それでも、行政が人々の不幸を分け合っていた、懐かしい時代の思い出を語ることくらいはできるだろうか。そして、国家予算何年分もの借金を抱えて、焼け野原から再出発した日々を思い出すことくらいは…。


posted by あるじ at 10:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。