2011年04月30日

残留放射能の「基準」はどのように運用されているか

 実は、決められた「基準」がどのように運用されるかという点も、基準そのものの決定にもまして重要である。その理由は、これから示すとおりである。

 3月17日に、厚生労働省は、「放射能汚染された食品」の残留放射線基準の「暫定的」引き上げを実施した。これが、それ以前の20倍とか200倍とか言われている「基準の変更」である。当面、今回はその点については深入りしない。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001558e.html
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001558e-img/2r9852000001559v.pdf

 この翌日(3/18)に、同じ厚生労働省から、上記の変更を受けて、野菜の放射線測定についての通達が出された。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000014tr1-img/2r98520000015is5.pdf
 ここには、「野菜等の試料の前処理に際しては、付着している土、埃等に由来する検出を防ぐため、これらを洗浄除去し、検査に供すること。なお、土、埃等の洗浄除去作業においては、汚染防止の観点から流水で実施するなど十分注意すること」と書かれている。どの程度洗うかまでは示されていないが、これによる「除染」は、かなりの効果をあげたのではないか。各地で「基準値を下回った」と報道される一方で、「直売所の野菜から基準値を上回る放射線が検出された」というニュースが散見されるゆえんである。

 4月4日に、北茨城市で採取されたコウナゴから、1キロ当たり4080ベクレルの「放射性ヨウ素」が検出された。
http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/radioactive/news/20110405k0000m040133000c.html
 この件での問題点は2つある。まず、予想に反して「放射性ヨウ素」が検出されたこと、そして次に、4080ベクレルという高濃度であったこと、である。3月17日の「残留放射線基準の『暫定的』引き上げ」の文書(前掲)を見れば明らかなように、「放射性ヨウ素」の項に穀物、魚介は入っていなかった。半減期の比較的短いヨウ素を、魚介・穀物に適用することを想定していなかったためであろう。しかし、実際にはこれが検出されてしまったのである。
 そこで、厚生労働省は急遽、翌日(4/5)に、魚介類中の放射性ヨウ素に関する暫定規制値の取扱いについて、という通達を出した。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000017z1u.html
 これは、巷間で「野菜の基準を魚介に適用するもの」と流布しているが、先述のように、「残留放射線基準の『暫定的』引き上げ」の文書に添付された表(3/17)の「放射性ヨウ素」の項に穀物、魚介が入っていなかったことによる。上記の表の「放射性ヨウ素」の欄に、「魚介類」が書き加えられただけである。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000017z1u-att/2r98520000017z7d.pdf

 さらに、コウナゴの高レベル残留放射能のためであろうか、魚の放射線測定方法(ここでは、4/16神奈川新聞)も考慮されている。
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/kanaloco-20110416-1104160012/1.htm
 大きな魚は、表面を予備測定した後、えらやうろこを洗浄。骨や内臓を取り除いた後ミンチ状にして測定機器にかける。もちろん、シラスやコウナゴではこういう方法は採れない。

 野菜は洗浄(除染?)して、魚は洗浄した上に、骨や内臓を取り除いてから測定するということがわかった。「実態に合わせた」とか、「食べる部分だけを調べるため」とか説明しているようである。洗わずに野菜を食べる人がいますか?ということなのであろうが、政府は国民に「野菜は、洗って食べること」を強制することができるものなのかどうか。また、魚の骨や内臓を好んで食べる人もいるかもしれないのである。洗い続ければ「除染」の程度をコントロールでき、調査サンプルと現実に市場に出回る商品との数値に乖離が出ることも考えられるし、現実にそうなっている。最大の問題は、放射線の蓄積されやすい部位を意図的に取り除いて測定しているのではないかという疑念を拭えないことである。

 大気中の放射線量のモニタリングにしても状況は同じである。通常、地表付近と、高さ1〜1.5m付近では、線量が10倍異なるといわれている(地表付近ではベータ線とガンマ線の双方が検出され、上方へ行くほどガンマ線しか検出されないためのようであるが、私自身はそのメカニズムをよく理解していない)。そのことは、自身で測定してみればすぐにわかることであろう。しかし、モニタリング・ポストの高さは場所によってまちまちである。これは、「条件」を統一しないで統計をとっているようなものである。何らかの数値の補正が必要であろう。

 異論が出るかもしれないが、私としては、高さ1〜1.5mのデータだけでなく、地表面のデータも併せて測定した上、併記してほしいと思う。小学校や保育園の校庭・園庭を想定すれば、地表に付着した放射線のチリも、子どもたちが走り回って巻き上げるであろう。転んですりむき、不幸にしてそこから体内に…ということもないではない。土いじりをして、手についた泥を口にすることもあるかもしれない。最悪の事態を想定しながらそれへの対応を考えるのが「危機管理」というものではないか。

 もちろん、この方法(地表面データも併記)だと広い範囲で年間20ミリ・シーベルトを超えるため、これを政府が実施するとは思えない。だから、各地での自主的・自発的な取組が貴重になってくる。私たちもカウンター(線量計)が入手できれば、ぜひデータを公表したいと思っている。
http://fukugenken.e-contents.biz/index
posted by あるじ at 18:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。