2011年07月30日

福島大学の連携先

 今月20日、学内外の批判をよそに、福島大学は日本原子力研究開発機構(以下、「機構」と略記)と連携協定を締結した。この「機構」が、どういう組織かは今さら説明の必要もないであろう。

 この協定について、東京新聞・中日新聞は「こちら特報部」で報じられている。
http://heiheihei.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/72812-12b0.html
http://heiheihei.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/72822-25ff.html
(→どなたか存じませんが、写真で記事が掲載されていたので勝手にリンクしています)

 よりによって、見直しが検討されている「もんじゅ」の母体とこの時期に連携協定を締結するとは、機構の延命に積極的に協力するという意図があるか、あるいはあまりに現状を理解していないか、どちらかであろう。どちらであっても、見識ある大学人の態度ではない。

 さきに紹介した新聞記事に「大学が地域住民に背を向けたという印象を決定的に与えた」という指摘は重要である。被曝問題が、全国の人々の関心から消え始め、単に福島の住民だけの問題とされようとしているときに、同時に、地元の大学がどのような対応をするかが注視されているときに、福島大学は上記のような判断をしたのである。原発によってふるさとを失った、あるいは失おうとしている人々の心に、この便りはどのように届いたであろうか。

 こう書くのには理由がある。7月19日に行われた政府交渉の場で、国の担当者は「福島県民もほかの日本国民と等しく、無用の被曝をせずに生活する権利があるか」というごく基本的な質問に対してさえ、言を左右してついに回答しなかったからである。
http://www.youtube.com/watch?v=QTWvkJShk4A

 さきの東京新聞の記事が届けられたころ、知人から下の映像を紹介された。昨日来、ネットを賑わしている児玉龍彦東京大学アイソトープ総合センター長の衆議院厚生労働委員会での参考人説明である。
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=41163&media_type=wb&lang=j&spkid=21080&time=01:07:01.4
(質疑の方もぜひ)

 福島大学の学長は、機構との連携の理由について「本学は福島県内唯一の国立大学として地域の環境回復・復旧・復興に向けて大きな責任を負っていると認識しております。しかしながら、本学には放射能・原子力問題に関する専門家が一人もいないというのが現状です」と語っている。
http://www.fukushima-u.ac.jp/guidance/top/topics/h23/110720-kyoutei_genken.html

 しかし、機構はもとより除染のための組織ではない。さきの児玉龍彦氏の映像は、「地域の環境回復・復旧」のためなら、ほかによりよい連携先があったのではないか、と考えさせる。福島に住む人の立場で考え、行動する組織との連携こそが地域に貢献する途ではないか、と。

 内容もさることながら、連携協定締結の手続にも問題があった。この間、あれほど私たちが学内合意を大切にして大学運営を行うように訴え、それに対して、大学当局も限定的ではあるが前向きに回答していた。
http://311fukushima.up.seesaa.net/image/E585ACE9968BE8B3AAE5958FE78AB6E59B9EE7AD94.pdf
http://311fukushima.up.seesaa.net/image/iken.pdf
http://311fukushima.up.seesaa.net/image/kaitou.pdf

 しかし、大学当局は、またしてもトップダウンで連携を決め、評議会にも、教授会にも「報告事項」で下ろしてくるという方法を採った(報告事項であるにもかかわらず、3学部の教授会、評議会ではいずれも異論が噴出したと聞く)。提携当日に教授会報告がなされた学部もあったというから驚く。学内の意思決定手続をバイパスし、役員会で決めて、異論が出ても「報告事項だから」と言って聞かず、最後は「ほかの大学との連携協定も同じ手続だから」と居直る始末である。機構との連携も、「他の大学と同じ」という認識のようだ。

 福島大学は、いつからこんな大学になってしまったのか。



ニュース紹介:これも有名なものです
http://www.youtube.com/watch?v=WowsVF98W7g
http://www.youtube.com/watch?v=j43YVhuBxDc&feature
posted by あるじ at 14:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。