2011年05月21日

優先順位考

 このところ、のどが痛い。ものを飲み込むのにも難渋している。除染の予備作業をした翌日からというのは偶然だろうが、それでも気分のいいものではない。

 さて、この除染予備作業のときに、「アメリカの研究者から、原発事故後に福島で走っていたクルマのエア・フィルターを提供してほしいという依頼があって、このクルマから外すんですよ」という話を聞いた。このブログでも何度か紹介したアーノルド・ガンダーセン氏からの依頼だそうで、なんと世界は狭いものかと驚いた。
 逆にいえば、そのような調査を、個々人のネットワークで行わなければならないという事態であることを示している。住民の命や健康に関わる問題である。なぜこれを国や地方自治体で調査しないのかと思う。理由は単純で、表向きには現状が「安全」だということになっているからである。「じつは、あのころは危険でした」という情報は、取り返しのつかない段階で発表される。

 今日の『毎日新聞』の記事である。
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110521ddm041040107000c.html
 このニュースから読み取れるのは、3月11日以降に「福島第1原発を除いた」全国の原子力施設で、作業員から内部被曝が見つかったケースが4,956件あり、うち4,766件はその作業員が事故発生後に福島県内に立ち寄っていたということである。つまり、原発事故後に福島県内に滞在し、他の原発に働きに行き、たまたまホールボディカウンターで検査したところ、被曝が発覚したという話であろう。
 福島第一原発で働いたかどうかは検査の前提になっていないこと、内部被曝のみつかった作業員の96%が事故後に福島県内に滞在していたこと、2度目の調査で基準値以下に数値が下がった人もいること、などを考慮すれば、内部被曝の原因が今回の福島第一原発の事故によるものであること、原発外にも被害が広がっていただろうことは容易に看て取れる。
 さらに驚くのは、「周りのほとんどは検査を受けていない。特に20代の若手が不安がっている」という作業員の発言である。被曝検査を受けさせずに作業させる例もある、というよりも、そちらの例の方が多いという。これが事実とすれば、被曝検査も徹底せずに高線量の原子炉で作業させていることになる。チェルノブイリ事故の際の「リクビダートル」を想起させる。
 世論がまともなら、近日中に作業員に対する検査が実施されることになるであろう。しかし、おそらくそのような「検査」は、被曝の実態を正確には反映しない。記事の末尾にあるように、放射性物質は時間とともに「排せつ」されるからである。当該作業員からすれば、後に放射線が原因での疾病が発生したとしても、(現段階の技術で)それを証明するデータを永遠に失ってしまうことを意味する。その意味でも、放射線問題は時間との戦いである。

 ここで、「作業員は大変だね」という話をしようというのではない。こうした事態が原発内部でだけ発生していると考えるのは困難であり、自分たちの問題だということが言いたいのである。もはや「5重の壁で安全」などということを信じる人もいないであろうが、建屋は見てのとおり、格納容器はおろか、圧力容器にも穴が開いていることがほぼ確実である。窒素や水を充填しているのに圧力が上がらないのだから、計器の故障を除けば、ほかに解釈の余地はない。毎時18トンの水を注入し続けられることからしても、ほぼ間違いない。しかも、昨今のニュースでは、1号機では3月12日にすでにメルトダウン(炉心溶融)が起こっていたのだという。
 たしかに、当日午後2時に原子力安全・保安院は、メルトダウンの可能性を示唆していた。
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819595E3E0E2E39C8DE3E0E2E1E0E2E3E3958AE3E2E2E2
 しかし、その1時間半後に発生した1号機爆発以降、原子炉の危険性を語るスポークスマンはいなくなった。

 福島県は、事故の翌日に30枚の地図を含むSPEEDIの予測データを受け取っていながら、これを公表していない。
http://www.minpo.jp/view.php?pageId=4107&blockId=9839767&newsMode=article
 「市町村の避難の参考になったかどうかは分からない。もし、市町村が必要とする情報だったとすれば、反省すべき点だった」というコメントには目を疑った。住民の生命や安全を何だと思っているのか。放出源情報を欠いたとしても、どちらの方角に風が流れるかを示せば、市町村や住民としても対応のしようがある。

 この話には前段があって、政府が5,000件にのぼるSPEEDIのデータを公開していなかったことがことの発端であった。
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110503k0000m040079000c.html
http://www.asahi.com/national/update/0504/TKY201105040273.html
 2ヶ月近くも経ってから「今さら」という発表がなされ、しかも、これまで公開しなかった理由について「パニックを恐れた」と説明する。逆にいえば、「パニックを起こすこと」よりも「現地の人々を犠牲にすること」を選んだということであろう。首相の掲げたマニフェストが「最小不幸社会」だというのも悪い冗談のようだ。



おまけ:
 3月の報道をもう一度点検してみると、改めて発見することが多い。
http://democracynow.jp/video/20110317-1
posted by あるじ at 23:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

送付した「意見と要望」

 遅ればせながら、5月10日に大学側から届いた「回答書」に対して、仲間たちの「意見と要望」をとりまとめ、ようやく今日の夕方、学長に宛てて送付することができた。賛同者が増えていることにご注目!

iken.pdf

 決して一人だとこういう文章にはならない。その意味で、多くの人が集まって何かをやることの意味というものを再認識する機会であった。そして、そんな仲間に恵まれたことを、本当に幸せだと思っている。

 さて、今日は、福島市内で汚染土の除去や汚染物質の除去についてモデルケースを作って、それを広く住民たちの手で実行しようとする取り組みに参加してきた。チェルノブイリ事故時の基準で言えば、福島市はもちろん、東京でも高濃度汚染区域に当たるそうで、早急(梅雨前)に手を打つ必要があるということであった。行政や事業主の対応を待っていては取り返しのつかないことになる恐れがある。
 この活動のリーダーは、「究極の目標は、原発事故以前の数値に戻すことだが、1mSv/年まで下げられればいい」と語っている。困難な途だが、試験的な取組が成果をあげれば、除染に向けた活動が大きく動くようにも思う。梅雨前に活動が軌道に乗ることを願ってやまない(他方、福島市は、一斉清掃を梅雨明けまで延期するよう求めている)。
http://bousai.city.fukushima.fukushima.jp/info/h23-jishin/sonota/isseiseisou.html/view

 放射線測定のためのNPOも調査に参加していた。その方(測定のプロフェッショナル)からは、「学生グループに、測定器を数台貸し出すので、定点観測を協力してもらえないか」という依頼があった。放射性物質の分布には濃淡があるが、そのホット・スポットと呼ばれる高濃度の汚染箇所を見つけることや、町内会・自治会ごとの汚染地図のようなきめの細かい調査を実施する戦力が必要だという。もちろん、作業は安全第一で進めることが大切で、そのためのノウハウの伝授もしたいと語っていた。

 「どういうスタンスで事態に臨むか」ということが、行動を大きく方向付ける。私自身は右顧左眄して足がすくむタイプだが、「少しでも放射線を減らすためにやれることをやだけだ。ほかに何がある?」と聞かれれば、返す言葉はない。ことは時間との戦いでもある。試行錯誤しながら進むことにした。

 それにしても、同じようなことを考えている仲間が案外多いというのは、意外な発見であった。
posted by あるじ at 02:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

「意見と要望」のとりまとめ、ほぼ終了

 学長から届いた「公開質問状への回答書」に対して、私たちの仲間で「意見と要望」をとりまとめて学長に再度送ることになった。遅まきながら、ようやくその意見集約をほぼ終了して、明日の昼ころに先方に送る予定になっている。最終文書は、送付後にここにアップロードする予定である。


 「意見と要望」はいろいろな人の意見を容れて「紳士的」になっているので、用済みになって、日の目を見そうにない私のコメント(前回、「躊躇」云々と書いたもの)についても、ここに載せておこうと思う。ちょうど公開質問状が届いた当日(1週間前)のコメントなので、土壌の処理方法など、現在からみれば状況が変わったものもある。しかし、当日の臨場感もある。ともあれ、参考までに。


*****ここから*****


 昨日お伝えしたとおり、学長から、私たちの提出した公開質問状への回答が届いた。それについて、思いつくままにコメントしてみたい。長い教授会の後なので、持久力が心配ではある。

 まずは、回答が届いたことを喜びたい。正直にいえば、5割とはいわないまでも、回答が来ない可能性も織り込んでいた。それほど、全学執行部の震災後の動きは、私たちにとって不審を抱かせるに足るものであった。しかも、外的条件からすれば、授業開始予定日直前の繁忙期だった上に、回答期限を区切った公開質問状だった。だから、回答の日を半信半疑で待っていたのは事実である。
 しかし、実際には期日中に回答が届いた。これで、議論のスタート地点は築かれたと思う。学長の判断と行動に敬意を表したい。

 しかし…である。文書を開いて驚いた。
http://311fukushima.up.seesaa.net/image/E585ACE9968BE8B3AAE5958FE78AB6E59B9EE7AD94.pdf

 まず、目に入ってきたのは「入戸野修 福島大学長殿」という宛名である。最初は冗談かと思ったが、どこかで見た文章が続いていた。それは、私が先方に送った文書そのものではないか。そこでファイル名を確認したのだが、確かに「公開質問状回答」とある。文章を追っていくと、2頁目以下に赤字で回答が書かれていた(苦笑)。40年以上生きてきたが、このような回答文は見たことがない。事務的であれと言うつもりは毛頭ないし、忙しいのもわかるが、わざわざ「公開」と書いているのだから、多少は体裁を整えていただかないと組織の質を問われるのではないか。そんな余計な心配をしてしまう。
 しかし、形式を問うのはそれくらいにしよう。大切なのは中身なのだから。

 …とは言ったものの、結論からいうと、「回答」も私たちの質問にあまり正面から答えてはいなかった。この点について、順を追って検討したい。

 まず、「1」の点からである。私たちからの質問は、要約すれば、授業再開という重要事項に対して、学生・教員・職員という大学構成員三者の意見をどのように反映させようとしたのか、あるいは、今後していくのか、というものであった。「これまで」のことについては、「非常時であったから、緊急措置として危機対策本部で決めた」という答えであった。
 議事録は公開するが、まだ整理が終わっていないので、疑義がある事項については問い合わせること、とのことである。私の関心としては、誰が、何を根拠に、授業再開を主張し、それがいかなる経緯で合意に至ったのかを知りたいので、どの部分を…と言われても、全体を通して眺めなければわからない、ということである。この点は、議事録の整理をまつほかない。事前に聞きたい気もするが、ほかの仕事の妨げになっては本末転倒である。
 「今後」については、審議・決定を平常に戻し、「従来の審議体制に戻したい」と書かれている。これは、三者自治による大学運営という常道に立ち返るということであり、歓迎したい。いずれにしても、教授会の議題にすらしなかったという点について、何の回答もなく、したがって何の反省もない点は、遺憾である。この点については2.で再度言及する。

 次に、「2」について検討してみよう。私たちの質問の趣旨は、「誤った予測に基づいた授業再開計画を、誤りが発覚した後に見直したのかどうか」ということであったが、回答は、これに対しても正面から答えていない。
 回答書によれば、授業再開を決める指標は4つあって、施設の安全性、ライフラインの復旧、交通機関の復旧、原発事故の推移、ということであった。しかし、モノサシだけ明示されても、判断の正否は確定しようがない。たとえば、「現時点で建物が崩れていない」ということと、「施設が安全である」ということはイコールではない。また、今もなお異常発熱している原子炉もあるから再開すべきでない、という結論も導かれうるからである。
 「数値の見込み違い」については、1/30にはなっていないが「放射線強度は減衰している」と書いている。行間を読めば、「たいした間違いではない」ということのようだ。そういう見通しだからこちらの懸念が尽きないのであるが、「このまま推移すれば…通常活動ができる範囲にある」という見解を繰り返している。まず、「なぜ、このまま推移すると思えるのか?」ということが問題なのだが、そういう「前提を疑う」という姿勢は持ち合わせていないらしい。
 この回答で重要な情報は、「授業再開の最終決定は4月12日」という部分である。この日程は、行政政策学類の教授会の前日であり、なぜ決定を1〜2日待てないのか理解に苦しむ。最初から、教授会の意向を反映させようという姿勢がなかったと判断されても仕方なかろう。

 「3」では、事故当時に明らかにされなかった「最新情報」をふまえて授業再開を延期するつもりがあるか、と聞いたのであるが、この点には回答がなかった。重要なのは、「20mSv/年が大学再開の基準」というのは誤解だから、メッセージを修正した、という部分である。具体的には「5月1日からの年間予測被ばく量については4.4mSv/年でありそれが開校の判断の一つとなりました」とある。なぜ放射線の低減した5月を起算日にしているのか、また4.4mSv/年という計算が妥当なのか。これらの点はここでは触れないが、少なくとも、20mSv/年ではなく、4.4mSv/年が大学の判断根拠であると示されたことは重要であろう。土壌の「除去」と明示した点も高く評価したい。文部科学省は、コストを縮減するためであろうが、土壌の「天地返し」という安易かつ安価な方法で事足りると指導しているふしがあるから、この点は強調されてよい。

 「4」は、なぜ多様な学説(放射線に対して楽観・標準・慎重)があるのに、楽観説だけに寄りかかるのか、という質問であったが、この点についても回答はなかった。複数の説を比較衡量したという説明も、反論もなかったことからすれば、比較しなかったのであろう。
 とはいえ、ここでは大学が現状をふまえて「自主的に判断」するという発言があった点は高く評価したい。私たちは、大学が自主的な判断を放棄したのではないかということを危惧していたからである。ただし、繰り返しにはなるが、判断の際に学生や教職員の意見も反映させるよう要望したい。

 「5」にもまた、「健康被害がないと判断される基準以下であれば…」という文言が踊っている。「そのような『基準』自体が、まだ科学的に解明されていないのではないのか」というのが質問状の趣旨であるが、その意を酌まず、相変わらず楽観説にだけ依拠する姿勢を崩していない。こういう点に無自覚だから、態度が改まらないのである。
 さらに、「授業再開のもたらす責任」を問うているにもかかわらず、「その前に放射性物質を拡散させた事業者、国の責任があると思います」という一般論で答えているのも不満が残る。とはいえ、文中には明確に「晩発性障害の発生に関して大学再開が影響しているとすれば、当然大学の責任が問われるものと考えます」と述べられており、この点は評価したい。しかし、大学再開と晩発性障害の因果関係を説明することは非常に難しいため、その際の挙証責任にも言及していたのだが、それについては回答がなかった。結果的に、「一般論としては晩発性障害の責任は大学にあるが、当該症例は原発事故による晩発性障害かどうかはわからない」という逃げ道を残している。この点は、具体策の提示(卒業後も健康診断を継続して実施するよう、国や東京電力に要請するなど)とともに改める必要があるように思う。

 「6」では、放射線量低減に向けた大学の努力について質問した。今後のスケジュールは具体的に挙がっているが、これまでしてきたことについては言及がない。やはり、大学として線量の低減を実施する取組が、これまでは弱かったということだろう。しかし、6月の段階で「『可能な限りの』汚染土壌の撤去工事を『検討』」という見通しで、学生の被曝量を本当に減らそうと考えているのか、心配である。
 また、基本的なスタンスは、大学内の清浄化であって、キャンパス外での本学の授業の実施は配慮されないようである。個人的には、来年度以降の受験生確保のためには、多少のコストを覚悟してでも、大学の講義を安全な場所に移して実施するようなスキームを早急に考えた方がよいように思う。通学を望まない学生への配慮として、他大学での聴講について、大学側が「希望大学との調整を図ります」と述べているのは、「各自で対応する」という、これまでの原則をはるかに前進させるものとして評価したい。

 以上、全般として、私たちの質問に答えていない点が多々あるのは遺憾である。また、つい最近まで、大学として、ほとんど学生や教職員の安全のための手立てをとらず、対応が後手に回っていたこともわかった。今後の問題としては「有志教員が各種委員会・教員会議等で積極的に提案されることを要望します」という意見のようである。であれば、なぜこれまで学内の意向を一切聞かずに授業再開を決定したのか。この点が問われる。これまでの大学運営のあり方に対する反省を公にし、全学的な協力体制の上に今後の対策を考えていくという道筋が求められる。


*****ここまで*****

最近のニュースから

文部科学省発表(文部科学省と米エネルギー省による線量測定マップ)
http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/__icsFiles/afieldfile/2011/05/06/1304694_0506.pdf

ガンダーセン氏の考察(翻訳が少々不審ですが)
http://www.youtube.com/watch?v=kghLgF2NRFk

 最近、「今さら…」というニュースが立て続けに入ってくる。津波到来前に重要施設が損傷していたとか、翌朝には1号機で炉心溶融(メルトダウン)が起こっていたとか、福島県庁がSPEEDIのデータを早い段階で受け取っていたとか…。いずれも、原子力発電所の安全性や、住民の健康・安全に関わる重大問題のはずであるが、もはやこの手のニュースに慣れてしまった身からすると、驚きもしなくなっているということであろうか。

 原発の状況はそうとう深刻であると思う。汚染も、チェルノブイリ事故の際のものと見比べても、決して軽微なものではない(福島市辺りでも)。色をチェルノブイリ事故の際のものに近似させて表示させたHPを発見した。色を変えると、ずいぶんイメージが変わる。 
http://www.selectourfuture.org/f1/index2.html
posted by あるじ at 21:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。